×
男性が喜ぶ♡感じやすい女性の特徴|敏感な体になる性感アップ方法も

男性が喜ぶ♡感じやすい女性の特徴|敏感な体になる性感アップ方法も


セックスで感じやすい女性の悩みとは?

感じやすい女性のメリットをたくさんご紹介しましたが、実はデメリットもあるようです。感じやすい女性にしかわからないセックス中の悩みにはどのようなものがあるのか、女性の意見をまとめてみました。

イキすぎて疲れてしまう


「私はどうやら感じやすい体質らしく、1回のセックスで最低5回はイってしまうんです。イクことってすごく体力を使うので、おわる頃には動けないくらいヘトヘトです」(20代/女性/保育士)

これは感じやすい女性特有の悩みです。敏感な女性は1度のセックスで何度でもイクことができるのですが、実はこれはかなり少数派で、ほとんどの女性がセックス中に1回イケるかどうかなのです。

そう聞くとたくさんイケる女性がうらやましいと感じるかもしれませんが、連続してイクとかなりの体力を使うのでおわる頃にはぐったりしてしまうこともあるようです。

敏感過ぎて演技だと思われる


「本気で感じてるのに、あまりにも反応するので『演技しなくていいよ』と言われたことがあります…。とても悲しかったですね」(30代/女性/化粧品メーカー勤務)

このように、感じやすい女性は敏感に反応するあまり、男性から「演技をしている」と思われてしまうことがあるようです。それで悲しい思いをする女性は多いでしょう。

こればかりは我慢できるものではありませんし、演技ではないことを証明するのも難しいかもしれません。ですが回数を重ねれば、本当に感じやすいカラダだということが相手にも伝わるはずです。

男性経験が豊富だと思われがち


「経験人数は2人とそんなに多くはないんです。でも感じやすいカラダのせいで、彼氏から遊んでいたと思われているみたいで困ります」(20代/女性/美容師)

男性は女性にあまりに敏感に反応されると、「男が喜ぶ感じ方をわかっている」「男慣れしている」と捉えるようです。

感じやすい女性に対して、たくさんセックスをしてカラダが開発されているというイメージを持っているのではないでしょうか。

ありもしないことで過去を疑われることは悲しいことですよね。もしも彼氏からそのように思われているのであれば、男慣れしていないことをアピールするために受け身に徹するのも、疑惑解消の方法のひとつです。

毎回体を求められる


「彼氏と会うと毎回体を求められることが苦痛です。付き合いたての頃は良かったんですけど、デートの度だと、体だけが目当てなのかな?と思ってしまいます」(10代/女性/大学生)

敏感な女性とのセックスは刺激的なので、男性は何度でもしたいと思います。そのため会えば毎回体を求められることも、女性たちを悩ませているようです。

体調が優れなかったり気分が乗らない日でも体を求められては、いつかは心が疲れてしまいます。

毎回のようにセックスをする流れになっているようならば、たまには外で食事をしてそのまま帰るなど、デートコースを変えてみてもいいかもしれません。

下着やシーツが汚れてしまう


「感じやすい上に濡れやすくて、気がつくと下着やシーツがびちょびちょになってしまいます。恥ずかしいし、洗濯が大変です」(20代/女性/飲食店)

敏感な女性は感じやすいのと同時に濡れやすい人が多く、下着やシーツを汚してしまわないかと悩むことが多いようです。

男性に見られるのは恥ずかしいし、下着だけならまだしもシーツを毎回洗うのは大変でしょう。対策として、生理用品をつけておいたり、セックスのときにはタオルを敷く人もいるようです。

この記事を読んでいる人向けの記事はこちら!

Photo:All images by iStock

この記事のライター

スゴレンは、「男女の恋愛の本音」を集めた恋愛アンケートに基づいて作成した女性向け恋愛コラムを提供しております。さまざまな恋愛シーンで活用できるコンテンツを配信中!

関連する投稿


【騎乗位のやり方・コツ】女性向け騎乗位での動き方・やり方、男性が喜ぶセリフ

【騎乗位のやり方・コツ】女性向け騎乗位での動き方・やり方、男性が喜ぶセリフ

セックスで好きな男性を喜ばせてあげたいならば、覚えておきたいのが騎乗位のやり方ではないでしょうか? 仰向けになった男性の股間部分に女性がまたがり挿入する騎乗位。そのまたがる姿が、「馬に乗る騎手」を想起させるため付いた体位名のようです。正常位やバックなどは基本的に男性がリードして動く体位となるため、セックスの代表的な体位のうち、唯一「女性主導」と言えるのが騎乗位でしょう。 そこで今回は、騎乗位に不慣れな初心者女子でも上手い騎乗位ができるように、動き方・やり方のコツや、男性が喜ぶセリフなどを紹介していきます。


貧乳でもできるパイズリの方法&テクニックを徹底解説!注意点も紹介

貧乳でもできるパイズリの方法&テクニックを徹底解説!注意点も紹介

パイズリは巨乳ならではのテクニックだと思っている人は少なくないでしょう。しかし実は、貧乳でもパイズリは可能なのです。今回は、貧乳でもできるパイズリの方法や、彼氏を気持ちよくさせるテクニックについて迫っていきます。胸のカップ別に詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてください。


パイパン同士のセックスが気持ちいい!メリット&デメリットをご紹介

パイパン同士のセックスが気持ちいい!メリット&デメリットをご紹介

セックスの好みは人それぞれですが、その中でもパイパン同士のセックスは気持ちいいと言われます。なぜパイパン同士だと気持ちいいのでしょうか。そこで今回は、パイパン同士のセックスが気持ちいいと感じる要因を徹底解剖!メリットとデメリットもあわせてご紹介します。


お家エッチはメリットいっぱい!自宅でのセックスの楽しみ方を伝授!

お家エッチはメリットいっぱい!自宅でのセックスの楽しみ方を伝授!

今回は、彼氏・彼女の家で楽しむ「お家エッチ」のメリットを紹介します!お家デート、お家エッチならではの魅力や、マンネリ化しがちなお家エッチを新鮮に楽しむ方法もお伝えします。自宅でのセックスを盛り上げる方法を知り、お家デートやお家エッチを思い切り楽しみましょう!


犯されたい願望がある女性の心理は?彼とのエッチの盛り上げ方など

犯されたい願望がある女性の心理は?彼とのエッチの盛り上げ方など

世の中にはいろいろな性癖があり、「犯されたい願望」がある女性もいるでしょう。もちろん実際に犯されたいわけではなく、妄想の中だけの願望だということは誰でも分かると思いますが、「でも犯されたいと思うって、どういうこと?」と気になる方は多いのではないでしょうか。本記事では、犯されたい願望のある女性の心理を紹介します。非日常のシチュエーションを楽しみたい方は、参考にしてください。


最新の投稿


男が別れて死ぬほど後悔した彼女の特徴15選|未練を抱く男性心理や後悔させる方法を解説!

男が別れて死ぬほど後悔した彼女の特徴15選|未練を抱く男性心理や後悔させる方法を解説!

別れた彼が、自分のことをどう思っているのか気になっている女性もいるでしょう。「やり直したい」と復縁を願っているなら、彼には別れたことを後悔していてほしいですよね。 そこで今回は、男が別れて死ぬほど後悔した彼女の特徴をご紹介します。あなたがその特徴に当てはまる彼女なら、復縁の期待も持てるはずです。


蛙化現象は男にもある?男性が急に冷めた時の心理と対処法とは?

蛙化現象は男にもある?男性が急に冷めた時の心理と対処法とは?

「最近彼が冷たくなった気がする」と、彼氏や好きな人の態度が急変して戸惑っている女性はいませんか?もしかしたらそれは、男性の“蛙化現象”かもしれません。 この記事では、蛙化現象の特徴や男性心理の詳細を解説します。女性と男性とでは蛙化現象の原因や対処の仕方が異なるもの。ここで、男性の変化や気持ちに対する理解を深めていきましょう。


年下男性が好きな年上女性にとる態度15選。好きになる瞬間と年下男性の落とし方は?

年下男性が好きな年上女性にとる態度15選。好きになる瞬間と年下男性の落とし方は?

「好きな彼が年下」という女性は必見!今回は、年下男性が好きな年上女性にとる態度を一挙に15パターンご紹介します。 また、年下男性が年上女性を好きになる瞬間や、落とすためのコツも解説。「年下の彼に好きになってもらいたい」と思っている女性は、ぜひ最後まで目を通してみてください。


男性が好きな女性にしかとらない行動18選!職場・LINE・基本別に行動を解説!

男性が好きな女性にしかとらない行動18選!職場・LINE・基本別に行動を解説!

男性には、好きになった女性を追いかける狩猟本能が備わっています。それが行動となって現れるため、男性の気持ちを読むのは意外と簡単です。 意中の彼が、自分のことをどう思っているのか気になっている女性は必見!今回は、男性が好きな女性にしかとらない行動を詳しく解説します。


付き合ってないのに可愛いと言ってくる男性心理10選!上手な返し方と脈ありの判断方法を解説!

付き合ってないのに可愛いと言ってくる男性心理10選!上手な返し方と脈ありの判断方法を解説!

付き合ってないのに可愛いと言ってくる男性に、戸惑っている女性はいませんか?好きな彼から言われたら「両想いかな?」と期待し、苦手な相手なら「どう返したらいいの?」と困るでしょう。 この記事では、相手がいったいなにを考えているのか、男性心理を詳しく解説します。上手な返し方や脈ありの判断方法も伝授しますので、ぜひ最後までご覧になり参考にしてみてください。