×
江戸時代のセックス事情ってどんな感じ?現代との違いを解説!

江戸時代のセックス事情ってどんな感じ?現代との違いを解説!


現代と江戸時代の恋愛・セックス観の違い

現代と江戸時代では恋愛観もセックス事情も大きく異なります。現代の当たり前と当時の当たり前を比べてみるのは非常に面白いです。

江戸時代の人になりきってオナニーするなど、性生活にも活用してみてもよいでしょう。それでは現代と江戸時代の恋愛観やセックス観の違いについて見ていきましょう。

上流階級の人は自由恋愛は禁止


江戸時代には身分がありました。士農工商という単語は江戸時代の身分をあらわすものとして歴史の授業などでもおなじみです。

武士という職業の中にも身分があり、大名の家の名前などで階級が定まっていました。武士の中でも名の知れた、いわゆる上流階級の人の自由恋愛は禁止だったそうです。

当時の武家の結婚は家柄で決められていました。有力な武家同士が結婚して将軍の脅威になっては大変ですよね。よって結婚には幕府の許可も必要とされていました。

現代に身分制度はありません。家柄などを大切にする人はいますが、あくまで個人的なアイデンティティによるものです。良い家柄に生まれたせいで自由に恋愛できないなんて、現代では考えられませんよね。

女性より男性の方が優位


江戸時代当時は、家を継ぐのは男性のみと考えられていました。よって恋愛でも男性優位の考え方が基本です。本妻との間に子供が生まれなかった場合は、夫の愛人の子供に家を継がせるなんてこともあったと言われています。

2024年現代は、恋愛においては男性も女性も平等です。女性から男性にアプローチすることも珍しくありません。

恋愛はときに深く傷つくこともありますが、とても楽しいものです。そんな恋愛を男女平等に楽しめないなんて、現代の考え方からすると非常に窮屈に感じますね。

短命のため初体験が早い


江戸時代の平均寿命は、30歳から40歳前後だったとされています。現代と比べると非常に短いです。よって初体験も現代と比べると早かったと言われています。

13歳から14歳で初体験を済ませた人も多かったとのことです。現代の女性の初体験の平均は約20歳。見比べてみると非常に早いことがわかります。

婚約・結婚後のセックスが多い


江戸時代はセックスの回数が多かったと言われています。質にこだわるよりもとにかく量をこなすことが重要とされていました。

現代と比べると娯楽も少ないので、時間があればセックスしていたかもしれませんね。セックスレスの夫婦なんてほとんど存在しなかったことでしょう。

とはいえただ挿入するだけで終わる単調なセックスしかしていなかったわけではありません。素股など現代でもおなじみのテクニックが生まれたのも江戸時代だったりします。

性に対しておおらかだった


現代は性におおらかな時代だと思っている人も多いでしょう。昔はもっと性に対して厳格で、気軽にセックスなんてしていなかったはずと思っている人もいるかもしれません。

しかし実は、江戸時代は現代よりも性におおらかだったとも言われています。ある程度お金のある身分の人であれば、結婚前にセックスを楽しむのは当たり前だったようです。

しかし自由にセックスを楽しめたのも結婚するまでの話。結婚後は、特に女性の不倫や浮気に対しては非情に厳しい刑が課せられていました。

現代だと不倫や浮気が発覚すると世間に対して謝罪しなければならない場合もあります。そのことを考えると、あくまで男性にとってはですが江戸時代の方が現代よりも性に対しておおらかだったと言えるかもしれませんね。

浮気や不倫は多かった


不倫に対しては重い罪が課せられていた江戸時代。浮気した妻を夫が殺しても不問に処すなど、不倫は非常に罪深いものでした。

にもかかわらず浮気や不倫は相当数行われていたようです。バレたら死ぬかもしれないという凄まじいスリルと背徳感が刺激的だったのでしょう。

江戸時代は自由恋愛などほとんどありませんでした。縁者や親が決めた、釣り合う家柄同士の男女を結婚させるのが当たり前だったのです。このような事情も浮気や不倫が多かった理由の一つかもしれませんね。

浮気や不倫で出会った男女はどうあがいても一緒にはなれないため、どうしても一緒になりたいと願い心中するカップルも少なくなかったと言われています。

処女であることにあまり価値がなかった


現代では結婚するまで処女であることに価値を見出す人もいます。自分以外の男性とセックスしていたなんて考えたくないという、特に独占欲の高い男性から聞こえてくる意見です。

しかし江戸時代では処女であることにこだわる人はほとんどいませんでした。処女よりも経験豊富な女性の方が価値があるという風潮があったようです。

結婚相手は絶対に処女がいいと思っている人には考えられない風潮かもしれませんね。女性や男性のどんなステータスに魅力を感じるのかは時代によって大きく異なります。興味がある人は、この機会に江戸以外の時代ではどんな価値観だったのかを調べてみてはいかがでしょうか。

避妊目的でのアナルセックス


江戸時代にも洗浄や紙を詰めるなどの避妊法は存在しました。しかしどれも避妊効果は期待できないものばかりです。何もしないよりマシ程度のものだったので、相当な数の予期せぬ妊娠が起こっていたことは想像に難しくありません。

予期せぬ妊娠を避けたいのは江戸時代でも同じこと。紙を詰めるなどの方法のほかに、アナルセックスで妊娠を防ごうとすることもあったようです。

現代のアナルセックスは、膣内に挿入するのとは違う快感を得たいから行うのが一般的。避妊のためにアナルセックスをするカップルはそう多くありません。同じ行為でも時代によって目的が違うのは面白いポイントですね。

男性同士のセックスが当たり前だった


男性が男性を愛する、いわゆる同性愛が認められるようになったのは最近のことだと思っている人も多いでしょう。しかし実は、江戸時代でも男性同士のセックスは頻繁に行われていました。

陰間茶屋という男娼が集う施設も存在したようです。ただし料金は非常に高額で、一部のお金持ちのみが利用できる施設でした。

日本では江戸時代以前から頻繁に行われていた男性同士のセックスですが、江戸時代中期ごろから徐々に廃れていきます。また藩によっては厳しく取り締まられていたなど地域によって男性同士のセックス事情は異なっていたようです。

《出典》
相模ゴム工業株式会社/あなたはセックスの経験がありますか?/https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/experience_sex.html

この記事を読んでいる人向けの記事はこちら!

Photo:All images by iStock

この記事のライター

最新の投稿


「あざとい」の意味とは?あざとい女性の特徴とモテ行動を解説!

「あざとい」の意味とは?あざとい女性の特徴とモテ行動を解説!

「あの人ってあざといよね」と、女性たちの間で話題になることがありますよね。中にはあざとい女性を僻む人もいますが、それは男性にモテるからかもしれません。 そこで今回は、あざとい女性の特徴をご紹介!「あざとい」の意味やモテ行動もわかりやすく解説しますので、モテたい女性は必見です。


男性からボディタッチする心理とは?部位別の意味と脈ありかどうかも解説!

男性からボディタッチする心理とは?部位別の意味と脈ありかどうかも解説!

意中の男性からボディタッチされるとドキッとしますよね。同時に「私に気があるのかな?」と期待もするでしょう。 そこで今回は、ボディタッチする男性の心理をご紹介します。ボディタッチされた部位によって男性の思いや目的は異なりますから、ぜひ確認してみてくださいね!


沼る女性の特徴11選!男を沼らせるテクニックとあざと過ぎる行動も紹介

沼る女性の特徴11選!男を沼らせるテクニックとあざと過ぎる行動も紹介

男の心をがっちりと掴み、自分から離れさせなくする沼らせ女。「そんな女性になりたい!」と思っている人もいるのではないでしょうか?意中の彼が自分に沼っていたら、安心できるうえに独占欲が満たされますよね。 そこで今回は、男が沼る女の特徴をご紹介します。沼った男は他の女性に興味がなくなるため、「彼に浮気されたくない」なんて人も必見です!


好き避けする男子の特徴とは?男性心理や距離を縮めるコツを紹介!

好き避けする男子の特徴とは?男性心理や距離を縮めるコツを紹介!

女性に好意を抱いているのに、気持ちとは裏腹に相手を避けてしまう好き避け男子。あなたの意中の彼もそんな好き避け男子なら、脈なしだと感じているのは勘違いかもしれません。 「両思いなのに恋が実らなかった…」なんてすれ違いが起きないように、好き避けする男子の特徴や心理をここでしっかり理解しておきましょう!


【徹底解説】人気ラブドール厳選!Mailovedollラブドールのおすすめ5選と魅力とは?リアルな体験談と特徴も紹介!

【徹底解説】人気ラブドール厳選!Mailovedollラブドールのおすすめ5選と魅力とは?リアルな体験談と特徴も紹介!

ダッチワイフという名称でも知られている、リアルな女性型ラブドール。「使ってみたいけれど、基本的な知識や製品の特徴が分からず購入できず終い…」という方も多いもの。 この記事では、ラブドールを使ってみたいという方のためにmailovedollのラブドールの紹介とおすすめラブドールを解説します。リーズナブルで使いやすいラブドール販売会社として知られているmailovedollについての詳細もご覧ください。