×
バックを痛いと感じるのはなぜ?痛みを感じる原因と改善方法のまとめ

バックを痛いと感じるのはなぜ?痛みを感じる原因と改善方法のまとめ


【女性編】バックを痛いと感じたときの改善方法

バックを痛いと感じてしまう原因が分かったところで、どうすればその原因を解消できるのか、対処法を見ていきましょう。できることからひとつひとつ原因を取り除いていけば、バックを痛いと感じることなく気持ちいいセックスができるようになるはずです。

バックを痛いと感じたときの対処法として、まずは女性が自らできることをご紹介します。

痛いことを男性に伝える

セックスは相手と一緒に行うものなので、自分が気持ちいいいと感じるだけではなく、相手も気持ちいいと感じてくれることが大事です。

男性に気持ちいいということを伝えるのは簡単にできますが、痛いということを伝えるのはなかなか難しいもの。痛いなどと言ったら男性をがっかりさせるのではないか、あるいは嫌われてしまうのではないかなど、いろいろ考えて気を遣ってしまう女性も多いでしょう。

ですが、まずはバックが痛いということを男性に気づいてもらわないと、気持ちいいセックスには到底たどり着くことができません。ここは思い切って男性に痛いということを伝えてみましょう。女性のことが本当に好きならば、きっと協力してくれるはずですよ。

ローションを使用する

女性が四つん這いになってその背後から男性が挿入するというバックの体位は、構造上、膣の中に空気が入りやすく、女性がせっかく濡れていても愛液が乾きやすくなるという欠点があります。愛液が乾いてしまうと摩擦が起き、挿入時の滑りが悪くなるため、痛いと感じる原因になることも。

そんなときの対処法として有効なのが、ローションを使用するということ。ローションと聞くと何となく抵抗を感じてしまう女性も多いかもしれませんが、今は女性でも手に取りやすいローションがたくさん市販されています。気持ちいいセックスをするための潤滑油として、ぜひ活用してみましょう。

できるだけお尻を突き出すようにする

バックが痛いのは膣の奥まで挿入されやすい体位だから。ということは、女性が膣の奥まで挿入されにくいような体勢になればバックの痛みも和らぐはずです。

バックでの挿入が痛いと感じたら、腰の位置を下げてできるだけお尻を高く突き出すようにしてみましょう。このような体勢になることで、挿入角度が浅くなり、膣の奥まで挿入されにくくなります。

日頃からストレッチして体を柔らかくしておく

女性が四つん這いになって背後から男性に挿入されるバックの体位は、体が硬い人にとっては辛い体勢。また、体重を腕で支えなければならないので、筋力や体力がないと同じ体勢を長時間保つことができません。

体が硬かったり筋力や体力がなかったりしてバックの体勢が辛く感じる状態だと、そればかりに意識が集中してしまってセックスの快感を思う存分味わうことが難しくなります。

対処法としては、日頃からストレッチをして体を柔らかくしておくことと、筋力や体力をつけるために運動を行うこと。バックの体位に耐えられる体づくりをしていきましょう。

別の好きな体位を伝えてみる

セックスの最中に自分から要望を伝えることに抵抗感のある女性は多いかもしれません。特に経験が浅い場合は知識も乏しく、好みの体位がわからない場合もあるでしょう。

しかし「痛いからやめて」というのはストレートすぎる上、ムードもなくなってしまいそうですよね。

そういった時は可愛く「キスができる体勢がいいな」「顔を見てシたい」などと伝えるのがおすすめです。このようにお願いをされたら、男性も悪い気はしません。むしろキュンとするでしょう。

Photo:All images by iStock

この記事のライター

スゴレンは、「男女の恋愛の本音」を集めた恋愛アンケートに基づいて作成した女性向け恋愛コラムを提供しております。さまざまな恋愛シーンで活用できるコンテンツを配信中!

関連する投稿


セックスが腰痛に繋がる?原因や腰痛になりにくいおすすめ体位を紹介

セックスが腰痛に繋がる?原因や腰痛になりにくいおすすめ体位を紹介

腰痛持ちだから…とセックスをあきらめていませんか?この記事では、セックスが腰痛につながってしまう原因や、腰痛になりにくいおすすめの体位をご紹介。実際にセックスで腰を痛めてしまった人のエピソードや、腰痛持ちの人が楽にセックスを楽しむコツもお伝えします!


時雨茶臼は対面騎乗の体位!やり方からメリット・デメリットまで解説

時雨茶臼は対面騎乗の体位!やり方からメリット・デメリットまで解説

「時雨茶臼」という名称は知らなくても、実はもうやっているカップルは多いかもしれません。時雨茶臼は、対面騎乗位の中で基本となる体位です。女性に上に乗られるだけでも男性は興奮してしまいますが、もっと彼を虜にしたい!と思っている女性もいるでしょう。そこで今回は、時雨茶臼の基礎知識や、やり方、メリットとデメリットなどをご紹介します。バリエーション豊かな対面騎乗位に注目です。


「敷き小股」ってなに?女性に人気の敷き小股のやり方を詳しく解説!

「敷き小股」ってなに?女性に人気の敷き小股のやり方を詳しく解説!

セックスにはさまざまな体位がありますが、その中でも「敷き小股」は女性に人気です。奥まで当たる感覚に加え、なんとなく犯されているような背徳感が味わえる体位だからでしょう。また、男性は強い締め付けが得られるのですぐにイってしまう人も。今回は、そんな「敷き小股」について紹介します。


セックスをもっと楽しむ方法は?盛り上がるテク&体位をズバリ解説!

セックスをもっと楽しむ方法は?盛り上がるテク&体位をズバリ解説!

セックスがあまり楽しくない…と密かに悩んでいる女性は意外に多いもの。セックスを楽しめないのには、なにか原因があるのかもしれません。この記事では、セックスを楽しむ方法についてあらゆる観点からご紹介しています。セックスは男女2人でする行為なので、互いに協力しながら気分を高めていきましょう!


ソファーセックスの楽しみ方と注意点!おすすめな体位も一挙紹介

ソファーセックスの楽しみ方と注意点!おすすめな体位も一挙紹介

普段ベッドでしかセックスをしないというカップルも多いでしょう。いつも同じ場所だとマンネリ化しそう…と心配なら、ソファーセックスをしてみるのもいいかもしれません。そこで今回は、ソファーセックスを楽しむコツやおすすめの体位、注意点などをご紹介します。体験談もお伝えするので、マンネリ防止の参考にしてみてください。


最新の投稿


倦怠期が来たらどうしたらいい?乗り越え方と別れを回避するためのコツを5つ紹介!

倦怠期が来たらどうしたらいい?乗り越え方と別れを回避するためのコツを5つ紹介!

恋人との倦怠期は辛いですよね。「昔はこんなんじゃなかったのに…」と、交際当初を思い出して寂しく感じたり、1人で涙したりしている人もいるでしょう。 そんなあなたのために、今回は倦怠期の乗り越え方と別れを回避するためのコツをご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、幸せを取り戻してくださいね。


女性のオナニーのやり方!ひとりエッチでイクためのコツやグッズ5選を紹介!

女性のオナニーのやり方!ひとりエッチでイクためのコツやグッズ5選を紹介!

オナニーは、男性の性欲処理のための行為と思われがちですが、女性だって日常的にオナニーをするもの。この記事では、ひとりエッチをもっと有意義な時間にしたいという女性向けにオナニーでイクためのコツや使うと気持ちよくイケるグッズを紹介します。 この記事を読めば、より気持ちよく、快適なオナニーライフを送れますよ。


50代男性が本命にだけ見せる態度12選!本命女性になるための5つの方法も紹介!

50代男性が本命にだけ見せる態度12選!本命女性になるための5つの方法も紹介!

豊富な人生経験を積んだ50代男性は、職場でも重要なポストについていることが多い働き盛りの年代です。そんな50代男性の魅力にハマり、好きになってしまうという女性も多いのではないでしょうか。この記事では、50代男性が本命だけに見せる態度について解説します。50代男性が本命に求める条件や本命になるための方法も紹介します。50代男性の恋愛観を理解して、本命彼女の座をゲットしましょう。


年下男性にモテる50代女性の条件7つ!モテる秘訣3つも紹介!

年下男性にモテる50代女性の条件7つ!モテる秘訣3つも紹介!

2024年現在、スマートフォンやSNSの普及により、中高年の恋愛が増えています。最近は、40代や50代の登録者が増えている傾向にあり、以前よりも年下男性と出会いやすくなっています。今回は、年下にモテる50代女性の条件をまとめて紹介します。あわせて、年下にモテたい50代女性におすすめの出会いの場や年下男性にモテる50代女性になる秘訣も解説します。


10歳年下の女性が好きになった男性におすすめの攻略法8つ!脈ありサイン4つも

10歳年下の女性が好きになった男性におすすめの攻略法8つ!脈ありサイン4つも

男性は、年齢を重ねていく中で様々な恋愛を体験します。時には、10歳年下の女性を好きになってしまうこともあるでしょう。しかし、実際に彼女と付き合いたいと思っていも、自分が恋愛対象として見てもらえるのか分からず、不安で踏み切れないという人も多いでしょう。そこで今回は、10歳年下の女性を好きになった時のおすすめの攻略法を紹介します。10歳年下の女性を好きになる理由も一緒に解説します。10歳年下女性の脈ありサインを理解して、かわいい年下彼女を見つけましょう。それでは、早速解説していきます。